にほんブログ村 自転車ブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
26日の土曜日にkimotoshiさん、柏餅さんと人生初の本格トレイルで遊んだ事は書きましたね

実はこのGIANT AC-1は通勤用に中古で購入したのですが、一年程前にコンポーネントを
ほとんど入替しています。

このバイクの名前の由来は ALL CONDITION からきています。

もともとのハンドルはライザーバーでした。

わたしはトレイルに行く事は一生無いだろうと思い、街中でも快適に走行できる様にハンドル廻りを
交換していきました。


04’GIANT AC1はカタログ定価で30万後半のバイクなのですが、
わたしが購入したAC1はフレームはAC-1ながら、コンポーネントはデオーレ等の
低グレードに交換されていた様です。
本来なら油圧ブレーキなのに、これも機械式になっていました。。

サスペンションはそこそこの物が装着されていたみたいですが・・・
わたしには、何が良くて何が悪いかも判らずにひと目ぼれでポチッてしまったバイクなのです

ミドルグレードのバイクらしく、ミドルグレードのパーツに交換していきました

前傾姿勢になる様に50㎜ステムを100㎜に交換。
ミドルライザーバーからストレートハンドルに交換し、シフター、ブレーキレバーをXTRに換装。
クランクは街中走行を想定し、XTの48-36-26Tと大きめのギヤに換装。。。
F・DとR・DもXTグレードに。。
シートポストもリッチーに交換し、ばりばりミーハーなMTBとなりましたww

さてさて、こんなMTBでどこまで通用するのでしょうか・・・

100㎜ステム+ストレートハンドルは登りには楽ですが、下りはまったく通用しませんよ
ハンドルが遠い分、重心が前にに掛かり過ぎて前転しそうになります

あとはリアサスが沈みすぎて、ペダルが地面スレスレになります(汗)
走行中に何度も根などの出っ張りにヒットしましたよ(激汗)
その度にコケそうになりますww

実はリアサスの調整方法も知らないのです・・・こんなわたしにMTBに乗る資格あります?
あと一点はペダルをSPDにしているのですが、初心者のわたしにはトレイルでSPDは
扱えそうにないです。。。滑り止め付きのフラペに戻しましょう。。。


まずはハンドル廻りから

P1030800.jpg

なんだかゴチャゴチャしてますね。。

トレイルを走るには極力必要の無い物は外してシンプルに行きましょう!

P1030802.jpg

サイコンとベルはトレイルでは不必要です。この際取りましょう^^
ステムは元の50㎜に戻し、ハンドルはライザーバー685㎜をネットで発注。
バーエンドバーを外し、グリップをエアーで抜き去ります。

P1030810.jpg

簡単に抜けますネ^^

P1030811.jpg

シフター、ブレーキレバーを取り去ります。今度は近くなる筈ですので、ワイヤーの交換は不要でしょう。


次にリアサスの調整です。
調整方法を知らないわたしはそのまま乗っていたのですが、跨ると沈み込みすぎてペダルが
地面スレスレになってしまいます。。これではアチコチにヒットする筈ですねww

そしたら柏餅さんが調整方法をわざわざ調べて頂いたみたいで、メールを頂きましたよ。
その通りやってみるとサグゼロになり、しかもサスが1cm程伸びた気がします^^

↓調整前
P1030803.jpg


↓サグゼロ調整後
P1030806.jpg


これで跨っても沈み込まない様になりましたよ^^

もしかして、フロントサスペンションが柔らかすぎるのもこれで調整出来るかも・・・と思いやってみました^^

ビンゴ!でした。

程良く硬くなり、フワフワしなくなりましたよ^^


着々と山用MTBになって来ていますよ~!kimotoshiさん

P1030815.jpg

ライザーバーの入荷が待ち遠しいですよ^^

それとペダルもね。

P1030804.jpg


組み上がったら大泉緑地の最高峰まで試走に行くかな^^



あなたのポチッとがモチベーションを高めます。応援よろしく
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kuboyuki104.blog135.fc2.com/tb.php/277-f5f97013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。